精密機械加工の技術を知りましょう~オドロキ技術~

精密機械加工の技術を知りましょう~オドロキ技術~

案内

精密な加工には価値がある

サイバーセキュリティ

精密機械加工は非常に小さな単位を用いて、金属を加工していきます。ですから、難易度は高く時間がかかります。しかし、それによって得られる恩恵は大きいのです。例えば日本車は精密機械加工によりパーツが作られており、それゆえに高性能であるのです。

処理バランス調整装置とは

数字

バランサーとはwebシステムにかかる負荷を複数のサーバーに分散させてその処理のバランンスを調整するための装置のことを指します。Web上においてはいつアクセスが集中してダウン寸前に陥るかわかりません。そういう場合に別のサーバーで処理を分散させて受け持つことが不可欠でダウンを免れることが出来ます。

工場の必需品

電子テクノロジー

バランサーは工場で幅広く使用されています。重く大きい工具を宙から吊るしておくとスペースもとることなく作業者への負担も少なくできます。長年使用しているとバランサーもへたってきて下がってくるため調整したり買い替えたりする必要があります。

電子回路の板

工場

プリント基板とは電子機器の主要部品の一つで、樹脂でできた一枚の板です。よく工業学校の学生がはんだ付けで精密機械加工している緑色の電子板、と言えばピンと来る人もいるかもしれません。プリント基板は集積回路やコンデンサーなどの電子部品を電気配線で繋いで高集積した板です。電子機器やコンピューターの根幹を成す重要な部品で、心臓とも言える装置です。パーツの名称としてボードやユニットとも呼ばれる事があります。プリント基板は絶縁体の樹脂で作られており、比較的簡単に精密機械加工ができます。基本的に硬質な板ですが、最近では折り曲げる事が可能な柔らかいタイプのプリント基板も登場しました。世界最大の生産地は中国で、その市場規模は四兆円を超えています。

電子部品をプリント基板に纏めるメリットとしては、部品を電子機器に直接一本ずつ配線するより誤配線の可能性が低くなり、多数の部品をコンパクトに纏められる事によってスペースの確保と生産性の向上にも付与する事が上げられます。これらは電子機器が小型化する事で真価を発揮し、電子産業の発展に大きな貢献を果たしてきました。プリント基板には様々な種類がありますが、一般の人がプリント基板として想像するのは片面のみの一層基板だと思われます。実はプリント基板は裏側にも加工を施す事ができます。この両面基板は二層基板と言います。電子機器の基本は四層基板ですが、大型機械や高密度な電子機器になると十二層に渡るプリント基板を使用している事もあります。